当園について:よくあるご質問

幼稚園によって
保育時間が違うのはどうしてですか?

通常幼稚園の保育時間は標準4時間ですが最近ではお母さんたちの働きたい、習い事がしたいなどニーズに答えて保育時間を延長したり、預かり保育を行う園も出てきました。

当園では文部科学省の新しい学習指導要項により週5日制とし、月~金まで一日保育で、土曜日はお休みです。(但し土曜日は体験入園や職員園内研修等を行っております。)

8:30~14:00までの保育時間、保育終了後14:00~19:00までお預かりする延長保育システムがあります。さらに、am7:30~8:30の預かり保育も行っています。

お弁当、給食どっちがいいですか?

園によっては完全給食、週2回だけの給食等いろいろです。
お弁当も給食も友だちと楽しく食事をするという良さを考えるならば目的は同じですが、お弁当はお母さんの手作りのあたたかさを味わえることが出来ます。また、子どもの好き嫌いや食べられる量も調節出来ますよね。

一方、給食は皆で同じ物を食べる楽しさがあります。子どもも友達と競い合いつつ頑張って食べるので好き嫌いが減るという良い点があります。働いているお母様方にとってもお弁当を作るという負担も少なくなります。
当園では選択制を取っております。詳しくは「昼食について」をご覧ください。

少人数の方が
良く見ていただけると聞きますが?

幼稚園は集団生活の場です。集団の中では子どもの個性がぶつかり合う事もあります。
その中から協調性や社会性が培われます。そのような集団としての機能は、ある程度人数が必要となります。これからの社会を生き抜く上でも幼児期からより多くの友だちと関わり合う中で友だちの良さ、思いやり、信頼感を学びます。

また、幼児が葛藤やつまづき等を体験し乗り越えられる強さも集団の中から芽生えるものなのです。当園では地域の小学校一年生のクラス人数に合わせて人数設定しております。

預かり保育は
どのようなシステムになっていますか?

保育終了後19:00までと、長期休業中にも7:30~19:00まで預かり保育をしています。
お仕事を持つお母様だけでなく、兄姉のお子さんがいる方の学校行事、外出、弟妹の通院・出産等、さまざまな保護者の方のニーズにお応えしています。

預かり保育の良さは、保護者の方のニーズばかりでなく、昨今は少子化のために近所で異年齢児の子ども同士が遊ぶということが少なくなってきました。預かり保育では、年齢が異なるお子さん同士、小さい子の面倒を見たり、大きい子の遊びの中に入ったりと、お子さんにとっても楽しみな場合が多いようです。

夏休みは土日・祭日を除いた30日間中20日以上、冬休み、春休みも預かり保育を実施しています。詳しくは「フリッパークラブ(預かり保育)について」をご覧ください。

トイレのしつけや衣服の着脱が心配です

殆どのお母さんは入園前にトイレット・トレーニングのことが頭に浮かぶと思います。
あなたにここでおしっこやうんちをしてほしいんだということを、繰り返し伝えることが「しつけ」です。
そして、大切なことは、繰り返し伝えながら、出来るまで楽しみに待ってあげることです。排泄は自然の営みです。失敗した時に叱るよりも上手に出来たとき、しっかりほめましょう。入園までに何とかしようとあせらず、ゆっくりと見てあげて下さい。入園後は先生達が見てくれます。

着脱については、まず、衣服は着やすく、ボタン等は子どもの目の届く所にあって、はめはずしのしやすいものにしましょう。ゆっくり教え、お母さんの口出し、手出しは控えめにしたいものです。

子どもは日々成長します。園に入れば、友だちをまねるということも出てきます。環境が変わればおもらしをしたり、いままでしなかったおねしょ等もしますが、いつまでも続きません。親の不安な顔がお子さんに影響を与えます。あせらずに長い目でみていきましょうね。心配なことはたくさんあると思いますが、園と担任を信じてお任せください。

[コラム]先生が語る"習幼ストーリー"

幼稚園の様子

Q.子ども達とのエピソードは?

子ども達とのエピソードは山程あるのですが、一番のエピソードは一緒に成長できたことです。
1年目2年目と年少を担当しているのですが、入園当初は制服もブカブカで、自分が男の子か女の子かも分からないような子ども達でした。

ですが一緒に生活をしていくと、気付いたら1人でボタンが留められたり、お着替えが出来るようになっていました。

他にも気付いたら1人で排泄が出来ていたり、ご飯が食べられていたり、ほんのちょっとしか飲めなかった牛乳がコップ一杯も飲めるようになっていました。

子どもの成長は本当にあっという間で素晴らしいパワーを持っています。その成長を傍で見れる喜びが、私にとって子ども達との素敵なエピソードです。

※この記事は、習志野台幼稚園3歳~5歳児クラスの担任にインタビューしたものです。